【「2.6 書くことによるリフレクション」振り返り】

話しながら、どうも「書く」行為と「リフレクション」には、ベン図のように重なる部分と、重ならない部分があることが明確になった。

まず「書く」には4つのパターンがあった。一つ目は、記録重視。今ここで感じたことを兎に角記録しようと書く。
二つ目は、内的発露として書く。何か?こう言いたくなる衝動があり、それを吐き出す。書き終わると内容に興味はない。
愉しい行為。
三つ目は、読み手を意識する。書くことは苦行。好き勝手に書けず、よりよき表現を目指して吟味する。
四つ目は、じっと寝かせて言葉にまとまるのを待つ。起きたことは沢山の可能性を持ってる。その中から「私にとって、この体験が意味を持つとしたら?」の視点で、ストーリーを選択する。その際は「その場で起きたこと」と言うよりも、「私のこれまでの体験に統合するならば~」のストーリーが選択される。
だから、言葉化に時間がかかる。


こうしてまとめて、合意がとれたのは、「書く」行為一つとっても、人により、「何がやりやすいか?」「どこに力点があるか?」が異なるので、単純に「書けばリフレクションになる」とは言えない。むしろ自分にあったリフレクションを自覚することが大事ではないか?となった。
かつ教師力を高めましょう文脈だと、授業が終わったら時間をとって書くというのが定番のようだ。これが型に嵌まる人は、すごく書く。大量に書く。でも、多くの人にとり、そこまで時間が取れないのが悩み。かつ、書くのは得意じゃない。

「リフレクション」においては、「何のために?」が大事ではないか?
目的もなくリフレクションは出来ない。
テキストで「教育的契機」として紹介されているのは、書きながら違和感に形を与えていく行為。ここでも前提として、授業目的が設定されてるはずで、それに対して実際はどうか?を振り返っている。
当たり前のようだが、リフレクションする際には、ここを参加者同士が握ってないと、リフレクションにならない。非難や批判に成りかねない。
リフレクションには、合意された目標が不可欠だ。

ここまで対話すると、「書く」行為と「リフレクション」が同時に成り立つのは、ある特殊な条件、ある目指すべき状態と今ここで起きたことを照らし合わせた時に、どんなことに気づいたか?ということ。できれば、言葉にならない微細な違和感でも構わない。ある時を特定できるだけでもよい。言語化出来ないけれど、何か?がある。それを描写する中から、教えている瞬間には思い至らなかった別の可能性に気付く。従って、何か?失敗したこと。もっとうまく出来たであろうこと。を書いてリフレクションするのではなく、もっと生徒と当意即妙なダンスするために、ちょっとしたステップの踏み間違いに気付き、次回のダンスに活かすために、意識化、言語化するってことだろうか?言葉にならない何か?を言語化する試みなしに、改善は出来ない。

 

 

コーチングハンドブック 第10章 集中力を生み出す を振り返って


「ゾーンに入る」経験は、「何か?」に好奇心を向けている時。p277で書かれている通り、自己のうちに余計なフィルターがなく、ありのままに観て、まんまの自分を発揮出来ている時。

--引用開始--

従来のコーチングのパラダイムは、「P=C+K」という式で表せます。PはPerformance で業績、Cは Capacity で能力、Kは Knowledge で知識を表します。つまり、「能力に知識を加える」わけです。コーチングの新しいパラダイムは、「P=C-I」と表すことができます。PとCは先ほどと同じで、業績と能力を表します。Iは Interference で妨害や干渉、邪魔といった意味です。すなわち新たなパラダイムにおけるコーチングの目的は、人が持っている能力を発揮することを邪魔してしまうような、「I」を極小化することなのです。
田口力 「世界基準の『部下の育て方』 『モチベーション』から『エンゲージメント』へ」KADOKAWA 2019/05/17著者 (著)https://honto.jp/netstore/pd-book_29632907.html
--引用終了--

 ここで言う2つのコーチング・パラダイムは、人の可能性についての対照的な物の見方から導き出される。 前者は、知識さえ与えられたら、能力を発揮できると考える。つまり、何かが足りないから能力を活かせていないと考える。 後者は、元々人は能力を発揮できる。ただし、内側にそれを阻害する何かがあり、それを自覚して取り除ければ、自然と能力は発揮されると考える。

言葉として「集中しろ!」とは言われるが、実際には集中しようとして集中できるものじゃない。気がついたら没頭している。それを第三者が観察していて、「今、集中しているね」という観察結果となる。

--引用開始--

前野 心理学者のタル・ベン・シャハー先生が言っていましたが、幸せを目指す人は幸福度が低いという研究結果があります。パーパスを持ってやりがいを感じている人が幸せになるのですが、幸せそのものを追求すると幸せになれないということですね。禅問答で、悟りを目指すと悟れないのと同じです。

なぜ、「幸せな社員」は「不幸せな社員」より創造性が3倍高いのか?VUCAの時代に「やりがい」が大事にされるわけ【「佐宗邦威×前野隆司」対談(上)】https://diamond.jp/articles/-/265593

--引用終了--

集中している状態がパフォーマンスが高いからと言って、「集中しよう!」としてもうまくいかない。

集中している本人の内部感覚は、時間が跳ぶ。ハッと意識が我に還ると、時間が経っていたみたいな感覚。
雑念が消え、今ここにあり、時間と空間が一体となって、ものすごく鋭敏になる。

内包関係にある、傾聴のレベル1、2、3が同時にある感覚。山崎さんは、何かに集中していると同時に、回りの様子も気がついてる状態と書いている。シンクロナイズド・スイミングの選手はそれをやってのけている。

--引用開始--

前野隆司(以下、前野) 私は「幸せ」の研究に長年取り組んできましたが、パーパスを持つことと幸せであること、そして創造性を発揮することは、全て本質的に近い概念だと考えています。


なぜ、「幸せな社員」は「不幸せな社員」より創造性が3倍高いのか?VUCAの時代に「やりがい」が大事にされるわけ【「佐宗邦威×前野隆司」対談(上)】https://diamond.jp/articles/-/265593

--引用終了--

かつての上級コース時の、オーディオ・ボディアムでの関京子さんのフルフィルメントの解説。「あなたは日々の中でどれくらいフルフィルメントを感じていますか?」へ、沈黙があった後。『「いつでも」です。』の声に、初めて聞いた時の驚きと嫌悪感を思い出した。当時は、何だかよく分からないけど満たされないって思いで良治は一杯で、とても日々フルフィルメントを感じるなんてありえなかった。

今回の山崎さんの解説に則って記述すると、良治の中に「満たされない何か?」がフィルターとしてあり、良治の内なるピジョンと、良治が今ここで五感から感じ取っている現実を自覚できていなかった。だから、良治内で、思い込みの観念がグルグルして、立ち往生していた。

15年経った今なら、京子さんの問いかけと答えに「Yes!」と素直に言える。今の良治は日々フルフィルメントを感じてる。だから、コーチとしては仙人みたいな感じで、どっちでもあなたが望むならそれでいいんじゃないって思う。同時に、良治内のフィルターが薄くなったので、感じたままをクライアントさんへフィードバックできるようになった。

フィルターが薄くなると、外部環境が伝えてくれている微細な何か?に気づけるようになる。(プロセスワーク用語で言うとフラート。)

スピリチャルの取り入れも、この状態なら、感じとれやすいのも、直感の出所もこのあたりにある気がする。

素晴らしいコーチは、今この場に漂う何か?に鋭敏で、それをクライアントへ的確にフィードバックし、クライアントとコーチが共に、今ここにある何か?を探求しようとする場になる。
そうすると、自然と内から、その人の人生がコーリングに合っている何か?それに向かっているか?だけが大事になってくる気がする。
前野先生が言う、人生の目的がクローズアップされ、幸せさと創造性が満ちている感覚となる。

 

山崎啓支「コーチングハンドブック NLPで最高の能力が目覚める 知識と経験を最大化するセンスの磨き方」日本能率協会マネジメントセンター 2016/09/26https://honto.jp/netstore/pd-book_28018427.html

SFとVIAの違い

自分がインタビューされる立場で参加して、 SFとVIAの違いを探求する試みを行った。

よく「SFはDoingで、VIAはBeing」って言い方になるけど、それでは説明がつかないってことがわかった。

それがよく現れていたのが、SFの「共感性」とVIAの「社会的知性」。
SFの「共感性」は、「共感」って言葉に引きずられて解釈されるけど、「一対一の関係性に於いて、相手の気持ちを受け止める力が強い」って言うのが意味してること。気持ちを察してくれるってニュアンス。
VIAの「社会的知性」は、「共感&戦略性」。俗に言えば、空気を読む力じゃないか?
そう置いて貰うと、納得。
良治にとって人間関係とは個別具体的。だから、VIAで親切心と愛情が高い。
でも、空気を読むのは苦手。しかも信条が「誠実さ」なので、ある意味、集団の空気を知ろうとするより、どこまで自分自身の気持ちに正直か?の方が大事。だから、よくフリーズする。
同時に、大学で社会学専攻だったように、知的には個人を越えた「社会」に興味がある。ここの人柄を超えて、構造が私たちに強いているものがあると思うのだ。

SFの「慎重さ」に長らく反発していた。いやいや必ずしも慎重じゃないよと。すぐにパッと冒険することもあるよと。
今回の指摘で、わかるまでは慎重だけど、「こうするのがいいんだ!」と学習すれば早いじゃないか?と言われて、そうか!と氷解。だとすると、自身の体感と合う。

最後に感じたのは、本人が強みをどう扱うか?の重要性。
VIAでは、やりすぎとやらなすぎという考え方を持っている。どれも全員が持ってる強みだけれど、それをどう使いこなしているか?は人それぞれと考える。
今回、「当時(20年近く前)を振り返って今ならどうしますか?」と質問をいただいた。
良治の在り様はそんなに変化していない。でも、どんな加減で、強みを活用したらいいか?については格段に向上した。情況に合わせ、弱味は諦め、強みで勝負する。
苦しいだけじゃなくて、苦しい中でもこの強みの使い方をマスターすれば、私ならきっと突発できると思うのは光明だ。

 

 

「コルトハーヘンの8つの問い」を巡る対話から

今回コルトハーヘンの8つの問いかけをグルグル回るという記述が、期せずして乾さんの8字理論と一緒で、再度説明いただきました。

8字理論。実に素晴らしい。

乾さんの視点は一貫して、「学習者にとってどんな学びが起きているのか?」です。
これまで「学習」と言うと、若者が社会化の過程で経験するものと同義だった。

しかし、これだけ長寿社会になると、大人の学びについてもっと考える必要がある。
大人は若者と違い、既に自身の経験から自分軸がある。だから、一旦経験からの学びをアンラーンし、越境学習によるカオスの中から、自分にとっての学びを掴み直す必要がある。そうでないなら、体験はしても、前後で学びは起きていない。

だから、8字理論にあるように、大人の学びには越境学習を起こすことが欠かせない。敢えてカオスに飛び込む学び。

で、乾さんが8字理論の説明の前に前置きとして置かれた、学校教育、企業内教育。どちらも「『既にある知識をいかに上手に内に取り込むか?』という種類の学びである」という点では共通している。

一方、WSDやショーン「行為の中の実践」的教育、師匠から学ぶ弟子がやってる学びは、そうじゃない。
常に自分の内なる軸にとって、「これはどういう意味があるのか?」他者の学びようから、我が身の学びを掴み直している。
ここを説明しているのが8字理論になる。

そして、今回コルトハーヘンの8つの問いかけを考える小節と8字理論を巡り対話する中で、いくつか大切なキーワードが出ました。

間。ニーズ。遊び。楽しさ。今ここ。やりながら修正する。事実・感情・意思・ニーズは切り分けて把握するのが難しい。

こうして8字理論で、学習者にとっての全体像。コルトハーヘンの8つの問いかけから、ミクロでの振り返りのポイントを合わせて考えると、この2つな理論からこぼれ落ちていることがあることがわかった。

まず「振り返り」って、簡単じゃない。そこにはコルトハーヘンの8つの問いかけが示すように、4つの段階、行為・感情・思考・ニーズがあり、私軸と相手軸がある。
ここはNVCでも、観察・共感・ニーズ・要求の4つのレベルがあるのと呼応している。
で、学びを起こすには、これをキチンと把握できることが不可欠だ。

これがどれもとても難しい。だけれど、訓練により上達することが出来る。

そこでキーになるのが、多様性。多様性のカオスに、問いを持ちながら、すぐに答えを出さずに留まると、何か見えてくるものがある。だから、多様性で拡散した後、私にとってはどうか?を定着させる「間」が欠かせない。多様性を確保するには、遊び感覚、「もし○○だったとしたら~」が欠かせない。自由さがあるから、よりよさを見付けることが出来る。

そして、今ここ、この場で起きていることを、お互いに探り会う、臨場感が大切だ。ライブであること。ここが若者の社会化する学びと違う所だ。
他者の学びを観て、自分の学びとする。
「行為の中の実践」の時、人はいつだってうまくやろうとしてる。同時に迷ってもいる。「これでよいのだろうか?」と。集中力を高め、やりながら軌道修正する。

ここまでをやって、初めて「学び」=内省が起きる。

 

 

 

 

講演会 夏目房之介教授・最終講義「マンガ研究はなぜ面白いのか」を視聴して

YouTubeLiveで夏目房之助先生の最終講義を視聴した。

なんと670人近い人が視聴していた。

どうして漫画ってこんなに面白いのだろう?って個人でああでもないこうでもないって考えて、同じような興味関心を持つ人たちが集まってワイワイやってきた。そんな情景が浮かんで来た。そういう光の面もあれば、アカデミックに取り込まれたことによる、精緻化が進み、野蛮さ、荒々しさが喪われたという嘆きの面もある。

視点を変えると、大きな流れが見えてくる。
日本では、戦後、貸本と週刊誌漫画という二つの流れがあり、途中、コミケという、巨大同人誌のイベントが発生。インターネットの進捗と共に、週刊誌漫画が衰退するという流れの中にある。

しかも一部の超売れっ子漫画家には、メディアミックスでキャラクターの消費による利権がもたらされるようになった。それが逆に、多くの漫画家は貧しいという痩せ細りを生み出してもいる。

良治は興味関心が社会的な方に片寄ってるので、戦後の出版業界の興隆と衰退と軌を一にしているマンガの置かれように興味がある。最適化を進めた結果、持続可能な仕組み作りに失敗。かつ、インターネットに合わせた仕組みを作り出せず、苦しんでるっていう流れがあると感じた。

漫画と映画の関係。写真とも連動している。
身体論へ。

 

マンガの面白さの探究は、出版業界の衰退と共に始まった感じがした。

 

ーーーーーーーーー

第一部[講義]「現代マンガ学講義」の現在いま
第二部[鼎談]夏目房之介×中条省平×佐々木果(司会:三輪健太朗)

心理的安全性とリーダーシップ

村瀬俊朗さんの解説を読みながら、後半、リーダーシップについて書かれていて、面食らった。なぜ心理的安全性の話が、リーダーシップに繋がるのだろう?


前回、「信用」と「心理的安全性」の対比は、個人と集団で同じ現象が違って起きるという例。
心理的安全性」とは、社会学が探求すべき独自領域の、個人には還元できない、集団時に発生する何か?の一つである と言う話を書いた。

村瀬俊朗さんの解説を読み込むと、リーダーシップもまた従来の方法がよくなかったことが分かる。

人々は、リーダーがいると集団の生産性が上がることを自覚していた。
で、最初に目についた原因は、リーダーだった。ある特性をリーダーが備えているから、あの集団はすごいと考えた。
ところが、リーダーの特性を特定し、「○○があるとリーダーになる」と因果関係が成り立てばめでたしめでたしだった。しかし、全然特定出来なかった。
いろんなリーダーがいたのだ。

そこで次に、「リーダーとフォロワーの関係ではないか?」と推測した。集団がどういう状態の時にどんなリーダーが求められるのか?
こうなると、リーダーの必然性よりも、集団のニーズにリーダーはどう応えるか?で、リーダーのよしあしが決まると推測した。
ところがこれもうまくよきリーダーをうまく言い当てたとは言いがたかった。

平塚 知真子 「Google式10Xリモート仕事術 あなたはまだホントのGoogleを知らない」ダイヤモンド社 2020.11.
https://honto.jp/netstore/pd-book_30678207.html

によると、googleは2002年に実験として、フラットな組織を作って、生産性を検証した。結果、大失敗。マネージャーがいないと生産性が下がった。
そこで、2009年にプロジェクト・オキシジェン(酸素計画)を発動。今度はどんなマネージャーがいると、チームの生産性が上がるか?検証し直した。


------------
Google式「優れたマネジャーの条件」

Google マネージャーの行動規範
1.良いコーチである。

2.チームに任せ、細かく管理しない。

3.チームの仕事面の成果だけでなく健康を含めた充足に配慮しインクルーシブ(包括的)なチーム環境を作る

4.生産性が高く、結果を重視する。

5.効果的なコミュニケーションをする-人の話をよく聞き、情報を共有する。

6.キャリア開発をサポートし、パフォーマンスについて話し合う。

7.明確なビジョンや戦略を持ち、チームと共有する。

8.チームにアドバイスできる専門知識がある。

9.部門の枠を越えてコラボレーションを行う。

10.決断力がある
-------------------

村瀬俊朗さんも書かれているが、集団として「心理的安全性」を確保する作業はアートだ。こうすれば、メンバーが「心理的安全性」を確信するという正解はない。だけれども、誰かが、集団でそれに気を配らないと、できない。

私たち人類は、群れの好む性質を持った動物だ。

それを成り立たせるのは、どういう状態だったら、「心理的安全性」を確保されていると、メンバーが確信するか?がキーだったのだ。リーダーの個性でも、リーダーとフォローワーの関係性でもなかった。

「信用」と「心理的安全性」:社会学の根本;個人に還元できない何か?を私たちは持つのか?

 

 村瀬俊朗さんのエイミー・C・エドモンドソン「恐れのない組織 『心理的安全性』が学習・イノベーション・成長をもたらす」の解説を読んで、刺激を受けた。

『恐れのない組織』の「解説」を公開します。|英治出版オンライン @eijionline #note
https://eijionline.com/n/n6f2339131e64

 良治は大学で社会学を専攻した。その際、どうしても納得しきれなかった問いに、個人の意識の集合を「社会」と考える方法論と、嫌そもそも「社会」には個人に還元仕切れない何か?があり、それを解き明かすのが社会学だという考え方の対立があった。
 社会学の創世期で言うと、マックスウェバーは前者に近く、エミール・デュルケームは後者に近い。エミール・デュルケームが挙げた後者の概念はアノミーだ。有名な自殺論で、社会的な変動が大きい時、社会規範の揺らぎに影響されて、自殺が増えると主張した。
 直感として、後者だろうと思ったからこそ、社会学を専攻した訳だが、実際に卒論で取り組んだ方法は前者だった。どうしても後者のような社会に特有な何か?を考え出すことができず、アンケートを作成し、それを統計処理したというスタイルで書いた。

 そして、2005年頃学んだコーチングを通じて、そもそも人は、自分自身の願いもよく分かっていないということを痛感した。だから、振り返りを通じて、内省していくと、やっと何を求めているのか?に気づく可能性が高まる。
 逆に言えば、それぐらい、内なる泉に繋がるのは難しくて、どちらかと言えば、外側に同調しやすい。

 これは、少し前にベストセラーになったユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」に、人類の特徴として、何もないものを信じてしまう力が上げられていた。
 ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」によると、人類の特徴の一つに、群れを作る動物という側面がある。

そして、竹田 青嗣「中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)」で、サラリと書いてあるのだけど、すごく深いことが書いてある。
------------------
人類がどこから発生したかといった問題とは違って、実証でだんだん確かめられていくような問題ではない。事実の問題としては、どこまでも、蓋然的な答えしか出ないということ、これが一つ。
つぎに、こういう「心」の問題は、科学的実証の問題とは「本質」が違っていること。つまり、むしろわれわれの心のうちの「了解と納得の問題」、「ああ、こうだったのか」という自己了解の問題だということです。
 

「確実なものと、確実でないものとの区別の根拠を、自分は自分の中にもっている」ということです。
----------------------

物理学の成功から、社会学はどうしても事実レベルの話で展開することへの憧れがある。
いい悪いとは別に、例えば、年収いくらいくらの人や、○○って属性を持っている人は、△△ってことを起こしやすい なんて統計処理で有意が出ると喜ぶ傾向にある。

大学生の当時、うまく表現できなかった違和感はここにあった。

 村瀬俊朗さんが感じた違和感は、多分これに近い。なぜ「信用」という個人に関わる属性の話を、「心理的安全性」という集団特有の何か?として、別な概念化する必要があるのか?

 竹田青嗣さんが言うように、私たちは、この場に「心理的安全性」を持っているか?いない?の根拠を持ち、振る舞っている。厄介なことに、それは通常の事実レベルとして計測できるものではなく、「どう人はそう確信するか?」の問題で、何を測るべきかが違うため、これまでうまく説明出来なかった。

 学習・イノベーション・成長をもたらす ためには、その集団が「心理的安全性」を個々のメンバーに確信させる必要がある。

 いくら個々人が内省をして、自分のニーズに気がついたとしても、「この集団は安全じゃない!」と確信すると、集団の罠に落ちて、多様性を活かすことができない。

 そこで、集団をコーチングする関係性コーチング(=ORSC)が必要となった。
どうして私たちは私たちになると、「心理的安全性」がないと確信してしまうのか?

逆にそれが明示化され共有化されれば、「じゃあ私たちは本当はどうしたいのだろう?」と、その確信を変更することが可能になる。

 つまり、群れて無いことをあると信じる傾向にある人類だからこそ、ハッキリと自覚さえできれば、「本当はどうしたいか?」に向けて、変化を起こす可能性も高まる。意図が現実化するのだ。